― 小~高校生向けプログラム ―

 

『障害ってな~に!?』 やってみよう♪ぐるりのふうせんバレー

 

時      間 : 90分(45分×2コマ)

 

対 象 人 数 : 20~80人

 

必要な場所 : 体育館・講堂など天井の高い室内

 

学校で準備していただく主なもの : ピンマイク・マイク・車椅子数台(なければパイプ椅子)

 

 講   師   料   : ¥32,000 (箕面市内の学校・生徒数60人に対し講師1名・アシスタント1名・ボランティア3名派遣の場合)※事前打ち合わせ1回・ふうせん代込み

 

【授業の流れ】

 

①障害当事者によるお話  (約45分間)

 

・テーマ 『障害ってな~に!?』

 

・コミュニケーションスポーツ「ふうせんバレーとは!?」

 

②ふうせんバレーレクチャー (約30分間)

 

1グループ6~10名に分かれて、ハンディーのあるプレーヤーとないプレーヤーを設定し、円になってラリーをします

 

ハンディーのあるプレイヤーとは→アイマスク・車椅子・利き腕を縛るなど、意図的に体の動きに制限をつくり出したプレーヤー

③振り返り (約15分間)

 

~ 学生さんの感想 ~

 

●ふうせんバレーでわたしは四肢麻痺の体験をして、頭しか動けなかったけど、まわりの人が助けてくれたらどんなことでも楽しめると感じた


お話で一番びっくりしたのは障害者でも悲しくないと言っていたところです。 でも話を聞いていて確かにとも思いました


●わたしは今まで『障害者』と決めつけていましたが、このお話をきっかけにやめようと思いました


●階段があると車椅子では入りにくいから悲しいと言っていたのが 心に残りました。悲しい人が減るといいな


● ふうせんバレーをしてみて、 自分ももし障害があったらいろいろ人に手伝ってもらった方がいいと思いました